脊髄反射的ブログ。

世の中に、あえて自分の感覚頼りに切り込んでいく

くわしめプロフィール。

著者のプロフィールを少々。(随時更新)

 

誰だお前は

 高橋 勇斗(たかはし ゆうと)と申します。

ニックネームや通り名のような洒落たものは無く、だいたいの人から「高橋」とそのまま呼ばれます。なので、まだただの高橋

 

24歳(8月27日生まれ)の役者志望(どちらかといえば音声系、ナレーションとか吹き替えのイメージ)。おとめ座

これは聞こえだけはカッコいいですが、社会的に見ればただのフリーターでしかありません。とかくこの道は進んでいるのかいないのかあやふやなもんでして・・・_(:3」∠)_

 

最近は「高橋は喋らな始まらんのです」が口癖になりつつある。そのくらい喋る。

でも音声でなく、文字媒体のブログも書く。ことにしました。

 

なぜブログを?

理由は単純で「このままだと寂しく死ぬかもしれない」と思ったからです。

 

最近はインターネットの発達からか、個人の発信がとても身近になってきました。

当然内容は玉石混交、自分は「まあ特にやる必要もないか」てなスタンス。

 

ただ最近(ここ2~3年)、自分の人生が変化なくループし始めている事になんとなく感づき・・・そしてコールセンター(受信)でのバイト中に好んでいた無印良品のするめシート、SOURSグミ・・・これらを好きだと思っていたのに

 

 

「あ、俺はこいつらを特別好んでいるんじゃない・・・ただ硬い物を噛んでいないとストレスで爆発しそうなんだ」

 

 

それに気づいた瞬間に

「この呪縛からなんとかして逃れなくては」となりました。

ここだけの話「自然と涙があふれる」という現象をまさにその時体験。

 

なので今は、とりあえず発信してみよう!という心構えなのです。

 

生い立ち

結構記憶があやふやだったりしますがね

 

THE・転勤族

家族の都合から、何度か引っ越しを体験しています。

そこで私の対人能力は鍛えられたのかもしれません。人見知り0。

 

まず、福島で生まれる。

この時私は仮死状態で生まれてきたらしいですが、何とか蘇生。

 

この時点で2度目の人生を与えられている。やったぜ。

そして2歳ごろまで青森に居たそうですが、記憶ナシ。

 

小学校時代は、茨城で9年、福島で1年。

しかし福島の1年の方が印象に残っている・・・その理由は、「ぼくのなつやすみ」のようなど田舎で、はじめての体験が多かったからだろうと思います。美しい記憶です・・・初恋もそこだった気が

 

そして中学・高校の青春時代はなんと北海道

しかも小学校卒業→北海道の中学校に入学、というルートの為、最初期のコミュニケーションステータス必殺の属性「転校生」を得られない。

「試される大地」で試されるのは、私のコミュ力だったのです。

まあ胸ポケットに塩昆布入れてたり、クラスの垣根を無視したり、当時流行り初めの「キモい」というワードを「いじり」に転化したりして、何とかなりました。変な楽しい仲間ばかり出来ました。

 

そしていざ成人

北海道を離れ、東京に上った私ですが・・・

ここからが深刻です。

ただこれは現在進行形、Nowで深刻なので今はまとめきれません。のちに書き足していく・・・かもしれません。

現状申し上げると「ベルト1本を買う余裕があまり無い」くらいの状況です。ふははは

 

要するに、いろいろと人生の転機って感じかなと。

暗い話はまあいいや('ω')

 

好きな事

  • 人としゃべる。人前でしゃべる。発信すべくしゃべる。
  • 芝居。演じる~なんたらってあまり人前では言わないが。
  • 歌うこと。そのままもよし、ギターが軽く弾けるので弾き語りもします。ジャンルも問わず。
  • こう見えてダンも好き。趣味レベル。
  • 軽く料理。最近はペペロンチーノの乳化についてがんばっている。
  • ゲーム。ホラーだけは苦手だけど、いずれやるかもしれない・・・実況をしたいので
  • スポーツ。本格的ではないが、スポーツ全般で遊ぶのは大好き。
  • 歩くこと。散歩。(勝手に「あるきスト」という言葉を作り、歩き専門の旅動画を企画中。)
  • 旅行・レジャー全般。だいたい知らないものに触れると子供レベルでわくわくする。

 

軽く、こんなところかなと。

 

最後に

 

なんかやりたいとか、なんかやるとき呼んでください。(雑)